筋膜矯正

ストラクチャルトレーニングの所で説明したように、身体の正しい使い方が出来ていないと、過度に負担がかかり過ぎる場所が出来てしまいまず。
負担がかかりすぎ過剰に緊張した筋肉は、筋膜と癒着をします。
筋膜と言うのは、近年よく聞く言葉ですが、簡単に言えば、筋肉をすっぽり包んでいる膜の事です。ですが、ここで言う筋膜と言うのは、骨と筋肉、筋肉と皮膚と言った、違う組織同士を繋げ合わせている結合組織全てを表します。
筋膜が癒着すると言うのは、本来、骨や筋肉が自由自在に動けるように滑走性の良い状態での結合をしなければならないのに、結合組織が硬く滑りの悪い状態になってしまう事です。過剰緊張した筋肉は殆どこう言う状態を起こしてしまいます。
こうなると、トレーニングをしようとしても、ストレッチををしようとしても、難しくなってしまいます。

この場合、必要なのはこの癒着を適正な状態(それぞれの組織同士が、滑走性のある結合状態であること。)に戻す事が必要です。

筋膜矯正はそれを可能とするテクニックです。

従来のマッサージや筋膜リリースの様な方法ではなく、文字通り、癒着を矯正するようなテクニックです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする